第4回九州地区学連剣友優勝大会

1999年10月10日 13:16

西南剣友会、2部門制覇!

 去る10月10日、鳥栖市において標記大会が開催され、西南剣友会は今年も
総勢30名以上の選手団を1部(30歳代以下)、2部(40歳代以上)、個人戦(50歳
以上)、女子の全部門にエントリーいたしました。
 第1回大会の優勝以来、上位入賞から遠ざかっていた西南剣友会ですが、
今回は男子団体2部と男子個人戦の2部門において見事優勝を飾りました。
 男子団体2部では、先鋒・徳永清成先輩(79期)、中堅・坂井啓先輩(77期)、
大将・神野泰隆先輩(71期)という西南剣友会屈指の好選手を揃えたAチームが、
予選リーグにおいて福岡大学Aおよび明治大学を破り、準決勝では久留米大学を
大将戦で、決勝戦では京都産業大学を3対0の圧勝で下し、見事優勝いたしました。
 男子個人戦においては、神野先輩が決勝戦で早大の井上選手を見事な面技で
下し、団体戦と合わせ二冠を達成されました。また、同個人戦では重永忠憲先輩
(71期)も3位に入賞されました。
 男子団体1部でも、Bチームが決勝トーナメントに進出、Cチームが1名不足
ながら福岡教育大学Aを破るなど、元気なところを見せてくれました。
今大会においても、同輩はもちろん、当日初めて顔を合わせた先輩・後輩で
編成された急造チームで臨んだ試合および懇親会を通じて、西南剣友会のつながりを
ますます深める良い機会になったことと思われます。
[第4回九州地区学連剣友優勝大会]の続きを読む


最新記事