西日本学生剣道大会

2013年05月25日 22:42

西日本学生剣道大会が開催されました。

今年も中部、関西等の遠方から男女それぞれ100チームを超す大学が集いました。

new_20130525_094630.jpg


大会では試合に先立ち、開会式後の日本剣道形を打太刀77期木原雄三先輩、仕太刀90期三苫正淳先輩が執り行われました。
堂々とかつ気迫の籠った素晴らしい剣道形をご披露くださり、大会の開始に相応しいものとなりました。


new_20130525_095619.jpg


new_20130525_095749.jpg


new_20130525_095854.jpg


その後、本学女子が開会式後の第一試合目に出場し、同志社大学と対戦しました。
阿蘇高校、中村学園高校等の強豪校出身者が揃ったチームとの対戦に苦戦が予想されましたが、先鋒戦引き分けの後、次鋒が相手上段に片手面を打たれ一本負け、中堅・副将と引き分けが続き、大将山田が果敢に攻め、機会を捉えた抜き胴等を放つも惜しくも一本とはならず引き分け。接戦の末、0-1で敗れました。


new_20130525_102337.jpg


new_20130525_103337.jpg


new_20130525_104018.jpg


続いて男子は1回戦シードで迎えた2回戦で香川大学と対戦。
先鋒・次鋒と引き分けが続き、五将・中堅が一本負けと厳しい展開。三将有村が意地の一本勝ちで後ろに繋ぐも副将・大将が敗れ1-4で敗退となりました。


new_20130525_154016.jpg


new_20130525_155200.jpg


new_20130525_160744.jpg


残念ながら今大会は男女とも一回戦敗退という結果となりました。
特に男子は試合に臨むにあたっての気迫や一本を取りに行く姿勢に大きな課題が見られました。
本大会で得た課題を改善すべく、より一層今後の稽古に励んでいく所存です。
先輩方の更なるご指導のほどよろしくお願いいたします。











最新記事