スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創部90周年記念事業 香港大会

2013年03月17日 16:23

今年度の創部90周年記念事業の締めくくりとして、84期上野正先輩、95期上田啓二郎先輩、97期小林長充先輩、97期小林智子先輩、05期分山友奨先輩、12期平川守先輩が香港での剣道大会に出場されました。

剣友会の各世代を代表する先輩方で構成されたチームはその実力を如何なく発揮し、見事準優勝!

90周年事業の締めくくりに相応しい結果を残して下さいました。


new_IMG_6980.jpg


97期小林長充先輩より大会報告が届きましたので、掲載いたします。

-------------------------------------------------------------

去る3月8日から11日までの日程で、第13回香港アジアオープン剣道大会(14カ国58チーム参加)に出場して参りましたので、下記の通りご報告いたします。
連日晴天にも恵まれ、試合はもちろんの事、ショッピングや飲茶、観光を満喫し充実した4日間を過ごすことができました。
結果は準優勝ということ事で、創部90周年記念事業の締めに相応しい成績を残す事ができ、また各国の剣友たちと交流を深める事で剣道の素晴らしさを再認識することができました。
大会参加にあたり、ご支援をいただきました先生・先輩方に感謝申し上げますと共に、今後の剣友会並びに現役剣道部の更なる発展を祈念いたします。

参加者 上野 正先輩(84期)上田 啓二郎先輩(95期)小林 長充先輩(97期)分山 友奨先輩(05期)平川 守先輩(12期)
随行者 小林(川鍋)智子先輩(97期)


第13回香港アジアオープン剣道大会 試合結果
2013年3月10日 於香港新界

[予選リーグ第一試合]  
西南剣友会 対 シンガポール
・先鋒 平川 メメ ―   船守
・次鋒 分山 コ  × ド 今川
・中堅 小林 ド  × メ 岡本
・副将 上田 コメ ―   二藤部
・大将 上野 メメ ―   石原
       3(8)―0(2)

[予選リーグ第二試合]  
西南剣友会 対 オーストラリア
・先鋒 平川 メ  ―   ✿名前不明
・次鋒 分山 コメ ―   ✿名前不明
・中堅 小林 コメ ―   ✿名前不明
・副将 上田 メメ ―   ✿名前不明
・大将 上野 コ  × メ ✿名前不明
4(8)―0(2)

[決勝トーナメント第一試合]
 西南剣友会 対 ロシア
・先鋒 平川 メメ ―   ペトロフ
・次鋒 分山 メメ ―   セルゲイ
・中堅 小林    ×   Mキム
・副将 上田 メメ ― メ カラシニコフ
・大将 上野    ×   ムラジャン
3(6)―0(0)

[決勝トーナメント第二試合]
 西南剣友会 対 Asia KC‐C
・先鋒 平川 メメ ―    RICO
・次鋒 分山 ココ ―    櫻井
・中堅 小林    ― コ  嶋
・副将 上田 コメ ―    アクセル
・大将 上野 コド ―    久林
4(8)―1(1)

[準決勝]
 西南剣友会 対 Asia KC‐B
・先鋒 平川 メメ ― ド  青柳
・次鋒 分山    ×   田中嶋
・中堅 小林 コ  ― メメ 橘川
・副将 上田 コド ―    城戸
・大将 上野 ド  ―    田中
3(6)―1(3)

[決勝戦]
 西南剣友会 対 Thailand
・先鋒 平川 メ ―    菊池
・次鋒 分山   ×    石橋
・中堅 小林 コ - メメ 森嵜
・副将 上田   ×    西野
・大将 上野   ―  メ 池田
1(2)―2(3)



出場選手からのコメント

先鋒:12期 平川 守先輩
今回初めて香港アジアオープン剣道大会に参加させて頂くことができ、大変感激しております。海外の方の剣道への熱心さ、そしてうまくなりたいという向上心には尊敬の念を抱くと共に、とても刺激をうけました。また、海外のチームとして参加されていた日本人選手の方々の輝く姿を拝見し、海外へ出て働きたいという気持ちも生まれました。試合は準優勝と悔しい結果に終わりましたが、このチームの一員として試合できたことを大変誇りに思います。また機会があれば、いや、機会をつくり、ワスレモノをとりにいきたいと思います。最後になりましたが、ご支援いただきました剣友会に深く感謝申し上げます。 

次鋒:05期 分山 友奨先輩
今回香港アジアオープン剣道大会に参加し、自身の剣道人生の視野を広げる大変貴重な経験ができました。
特に、「海外の剣道愛好家が熱心に剣道に取組む姿勢」は、非常にいい刺激になりました。
試合では、準決勝・決勝と引き分けてしまいチームにあまり貢献できず、悔しい思いをしましたので、この反省を活かし引き続き精進してまいります。
最後になりましたが、今回試合に出場するにあたり、剣友会からご支援をいただき誠にありがとうございました。このご恩に報いるべく、剣友会の更なる発展に微力ながら寄与していけるよう努めてまいります。

中堅:97期 小林 長充先輩
決勝戦では多くの観衆が見つめる中、センターコートで試合ができ大変良い思い出となりました。1-0とリードした場面で出番を迎え、あまりの緊張に足がすくみましたが、「まな板の鯉」と開き直り、自分でもびっくりするようなコテを決めることができました。 目をつむってバットを振ったらホームラン・・・という話をよく耳にしますが、まさにそんな感じで、竹刀を振り下ろしたらそこにコテがあったという感覚です。会場全体が固唾を飲んで見守った大将戦は、惜しくも敗れてしまいましたが、その威風堂々とした立派な戦いぶりは見事で、このチームの一員となれた事を大変誇りに思いました。
準優勝カップになみなみと注がれたワインを、選手5人で回し飲みした味は格別で、一生の思い出となりました。
最後にご支援いただきました剣友会に深く感謝申し上げます。

副将:95期 上田 啓二郎先輩
5人5様の剣道で西南らしい勝ち方でした。優勝はなりませんでしたが、宿題は後輩に任せましょう。とても楽しめました。ありがとうございます。

大将:84期 上野 正先輩
正々堂々と攻めの剣道を心掛けようと打合せていたとおり、先鋒・次鋒が思い切った技の連続で観客の注目を集め、中堅・副将は機会を捉えた見事な技で魅了してくれました。センターコートでの決勝は、西南らしい溌剌とした試合を展開、自分の力が及ばず準優勝となりましたが、「優勝は次年度以降に」と敗戦理由にしておきます。
日本人駐在員、オーストラリア、ロシア、インドネシア他沢山の海外剣士と楽しい交流を図る事ができました。
支援いただいた剣友会に感謝申し上げますとともに、現役学生を含め海外交流の継続実施を期待します。

new_IMG_7023.jpg


new_IMG_6985.jpg





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。